シロアリ対策や退治をして安心の暮らし~虫ナシ快適生活~

部屋

まずは調査しよう

作業員

シロアリ被害の拡大を防ぐ為にも、まずは自宅の調査から始めることが大切です。無料調査をしている業者もあるので、気軽に依頼することができます。シロアリに蝕まれない為にも、自分で出来る対策は始めておくのが良いでしょう。

効果的な対策法

シロアリ

シロアリ対策として最も一般的な方法と言われているのが薬剤の散布です。業者に依頼する場合であれば、散布後5年間は効果が持続すると言われています。住宅建築の段階から対策しておくのも1つの方法です。

住宅を食う虫

シロアリ

地中と空から侵入する

住宅被害の中でも厄介なのがシロアリです。シロアリは小さい為、存在に気づきにくいうえ、気づいた時にはかなり住宅被害に遭っているというケースも少なくありません。住宅がシロアリにやられてしまう前に対策しておくのが良いでしょう。シロアリは、約8割近くが地中から侵入してくると言われています。特に山に多く発生する虫でもあるので、近くに山や森林がある地域は注意しておくのが良いでしょう。また、山を切り開いて作られたエリアもシロアリが発生しやすくなっています。シロアリの残りの2割は空中から侵入すると言われています。特に5月上旬から7月上旬にかけてシロアリは巣から飛び立つとされています。その時に空中から室内へと侵入するのです。

なんでも食べる

シロアリは、基本的にどこにでも巣をつくると言われています。住宅でも屋根裏や床下といった場所だけでなく、壁の中にも巣をつくるのが特徴です。どこにでも巣をつくることに加えて、シロアリはガラスと陶器以外であれば何でも食料にするのです。その為、住宅はまさにシロアリにとって食料の宝庫と言って良いでしょう。いったん巣をつくると、年中無休で卵を生み続けるので、一度巣ができたら一気に被害は拡大します。シロアリ被害を防ぐ為にも、羽が落ちているのを見つけたら早急に業者に依頼してシロアリ退治をしてもらうのが良いでしょう。未だシロアリが発生していないという住宅でも、シロアリ対策をしておくのが良いでしょう。

業者の選び方

作業員

シロアリ退治をする時に利用する業者は価格だけで選ぶのではなく、サービス内容やスタッフ対応、コスパをチェックしてから選ぶことが大切です。正しい業者を選ぶことで安心して任せることができます。